黒水牛の印鑑の魅力について

黒水牛の印鑑の利点としてまず第一に挙げることができるのは、ウェットな深みもある黒色になります。研磨の作用で艶が増し、風格が感じることができることから、実印および代表印などに活用されます。黒水牛の風格、それに高級な印象は同じ角材の象牙に共通するところがあるということです。しかしながら、象牙並みの希少性はないこともあって、相対的にリーズナブルな価格で提供されています。これについても人気を博している理由の可能性があります。加えて主な成分はたんぱく質ですから、朱肉のなじみが素晴らしく、そして鮮明に高密度の印影を得やすいといった印鑑としての使い勝手の良いアピールポイントもあります。主な成分はたんぱく質ですので、黒水牛の印鑑は乾きにデリケートという性質があります。その結果、印鑑のケースは乾燥を防ぐことが出来るものが理に適っていると考えられます。

黒水牛の印鑑の優れた点とは

黒水牛は、水牛の角を細工された印材になります。粘りを持っていて、持久性にも問題ないです。水牛の角のにおいても、中心から摂れたいわゆる芯持ちと言われているスポットが、一番良質とされており、オーソドックスな黒水牛の印鑑はここのところを用いて作成してあります。また、クオリティーも素晴らしく、そして値段もリーズナブルなので断然人気を、博している印材になります。象牙並みの高級なイメージは、ありませんが、それ相応のクオリティーと、持久性がありバランスが良い印材と言えます。黒水牛は、乾きに極めてデリケートな印材になります。太陽光線やライトの下に、長い間さらすだけで、容易に割目が入り込んでしまうこともありますから気を付ける必要があります。ケースに取り込んで涼しいところに保全することが理に適っているとされています。

黒水牛の印鑑の基本的知識

黒水牛と言われている印鑑のための材料は、東南アジアの水牛の角を処置したものになります。黒い印鑑となりますとこちらの黒水牛が通例です。ハイクオリティーなものは角の先にあたる芯が通っている中心的なポイントが、非常に評価されています。そして、このポイントから取得した印材を芯持といって、高い評価を得ています。こちらの芯持ちのみを利用して作成している印鑑がお奨めです。値段もリーズナブルなので、非常に推薦できます。しかし、乾きや強い紫外線に対しては傷つきやすい印材といえ、あるいは保全には入念な留意が大切になります。黒水牛の角についてはたんぱく質が主な成分ですので太陽の光や照明の下側に長い期間そのままだとたやすくヒビが入ることがあります。ケースに含んで温度や湿度の移り変わりの少ない所に保存してすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*