黒水牛の印鑑について

水牛は印鑑の王様と呼ばれる象牙と同じ角牙素材の仲間です。その中でも特に黒水牛は独特な光沢があり高級感があります。1本の角からそのまま加工し、一切の着色もしてないです。また数量しかとれず貴重な印材です。耐久性にも優れていてひび割れしにくく大変質のいい印鑑です。価格は他の角や牙系の印材と比べ手ごろとなっていて相場は3000弱です。そして購入したら気をつけなければならないことは乾燥や紫外線にとても弱く保管は太陽の光が当たらなく温度湿度変化が少ない場所にすることが必要です。エアコンや冬期の乾燥にはオリーブオイルを印鑑に軽く拭いてお手入れします。上質な黒水牛の印鑑には頭に針で突いたようなあとがあります。それは芯持ち材の印となってます。1つと同じものがなく貴重で数少ない黒水牛の印鑑を贈り物にするのもとても喜ばれます。

黒水牛の印鑑の選択について

印鑑を扱われている実店舗であれば絶対と言っていいほど取扱商品数の中に存在するのが黒水牛になります。それだけ、重要な印鑑になります。黒水牛の印鑑は黒い印鑑の定番アイテムとされていて、ポピュラーであることから市販あるいは通信販売いずれも手に入れること可能だと言えます。加えて、漆黒で格好よく風格が見られることもあって、とりわけ男性の方に人気を博している印材ということです。それに加えて、幾度も比較検討されるのがオランダ水牛になります。現実問題として強靭性は大体肩を並べるほどですが、大きく異なるのはその外見上です。黒水牛が漆黒で格好良いインプレッションを付与する反面、オランダ水牛はソフトなクリーム色で親和性のあるインプレッションになっています。これらの素材選考に悩んだら、愛着を持っている色で選択して良いということです。

黒水牛の印鑑の強みについて

黒水牛は、ハンコの中にあっても他のものよりも人気でいろいろな印鑑に数えきれないほど普段から使われています。動物の角を細工し漆黒に染めたタイプで、粘度が備わっている強さと他に類を見ない強靭性があり、加えて、魅力的に艶やかさのある印材という形で非常に人気を博している印材であり、長い期間の活用に持ちこたえられる印材になります。角から採取される芯のあるハイクオリティの印材を活用してハイクラスな特上のものを選出すれば、かなり高級感のある印鑑になります。オランダ水牛、あるいは象牙と似たようなもので、個人の実印ということで常時利用されていることになります。やはり耐久性が高いと言う部分で欠けがたく使い勝手の良い印鑑になります。ほかの印材と差異なく湿気、あるいは乾燥にデリケートなので、換気の良い所に保管することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*