黒水牛の印鑑の基礎知識について

実印の印材という形で知名度の高い材料といえば、水牛になります。水牛は印材のキングと見なされる象牙と一緒の角牙素材とされます。角のパーツを印材にしたタイプで、角はスキンに含まれるものであり、主要な素材はたんぱく質というものになります。黒水牛および白水牛があり、前者は漆黒の艶が特性の大人的な印鑑ということができます。実印および銀行印としてのニーズも非常に高く、プライスも白水牛または象牙と照らし合わせるとリーズナブルで非常に好まれています。黒水牛についても、中心の部分の近くに位置するものが、持久性が高くてクオリティが申し分ない実印となってきます。黒水牛は漆黒の素晴らしさを抱えている印材になります。黒い印鑑の定番アイテムになります。東南アジアの水牛を用いている場合が多く、男性の方にも支持されている印材で、手彫りで作り上げてもリーズナブルなプライスです。

黒水牛の印鑑の利点について

黒水牛はベトナムを主体とした東南アジアの水牛を細工したものになります。水牛はあらゆる国に住みついている動物ですが、90%がアジアに暮しています。象牙等に比較して相対的に獲得しやすいことからお求めやすくて、一般的に考えて黒い印鑑と言ったらこちらの黒水牛が一般的になります。漆黒のカラーは非常に魅惑的ですが、実際のところは水牛の角は元を正せば真黒ではございません。しかしながら黒に染めることでゴージャスで上品さを実感させているというわけです。加えて、一本の角から多くない量しか採取できない重要な印材で、朱肉との適格性もとても素晴らしく捺印性にも完璧であることから極めて需要の高い材料でもあります。繰り返し出し入れする必要性も生じる口座の銀行印からすれば、相対的にお手頃価格でありながら強靭で使い勝手の良い黒水牛は最適だと考えられます。

黒水牛の印鑑の特徴について

一般家庭もしくは勤務場所などで何よりも何度も何度も利用される印鑑ということである認印というものは、活用する度数がハイレベルな印鑑であるのならそれ相当の強さが欠かせません。黒牛牛は別の材料と照らし合わせるとリーズナブルにもかかわらず堅牢なのがオリジナリティーですから、買い替えることが滅多にしなくなるのがオリジナルのメリットになります。加えて、黒水牛は手彫りで作り上げてもロープライスの代金と言えますし、黒水牛が入った角牙系の印材については粘度が存在し朱肉に馴染み易く捺印性が高レベルなので出番のかなりある認印に一番合っている材料と言えます。しかしながら、角の主な素材は人間の爪と同一のタンパク質ということですので乾燥にデリケートなのがウィークポイントです。ですから、湿度などの変化でクラックが生じるので、カバーに入れ込むなどして気を付ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*